【ボルト・ナットの基礎知識】ボルト・ナットの違いや種類を簡単解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

機械要素部品、締結部品として最も広く使用されているボルトとナット。ボルトとは何か、ナットとは何か、ボルトとナットの違いは何かなど、ご存知でしょうか。

今さら聞けない基礎中の基礎知識、ボルト・ナットについて解説します。

ボルトの基礎知識

キャップボルトのイメージ画像
GFDL-no-disclaimers, Link

ボルトとは

ボルトとは、ねじの種類の1つで側面に螺旋状の溝が入った”雄ねじ”のことを言います。

ナットやタップで切られた、めねじがある部品と組み合わせて使われます。

形状は、六角ボルトがJIS B 1180、六角穴付きボルトがJIS B 1176などと規格化されています。

また、呼び方は、M6ならネジ部の外径が6mm、M8ならネジ部の外径が8mmなどと、おねじの径と、ネジ部の長さで呼ばれます。

例えば、M6×20の六角ボルトであれば、おねじの径が6mmのネジ部の長さが20mmの六角ボルトのことを指します。

ボルトの種類

ボルトには、六角ボルト、座金組込六角ボルト、六角穴付ボルト・キャップボルト、ボタンキャップボルト、皿キャップボルト、アイボルト、蝶ボルト、Uボルト、アジャストボル、アンカーボルト、羽子板ボルト、スタッドボルトなどたくさんの種類があります。

その他にも、ボルトの仲間である「ねじ」と呼ばれる、イモねじ、皿小ねじ、ナベねじ、トラス小ねじ、バイント小ねじ、座金組込ねじ、タッピングねじ、六角タッピングねじをはじめ、「ビス」と呼ばれる、ドリルビス、木ねじ、内装ビス、コースレッドなどもあります。

ボルトやねじ、ビスについてもっと詳しく知りたい方は、「【ねじの基礎知識】ネジ,ボルト,ビスの違いと24種類の特徴・用途・形状」をチェックしてみて下さい。

【ねじの基礎知識】ネジ,ボルト,ビスの違いと24種類の特徴・用途・形状

ナットの基礎知識

六角袋ナットのイメージ画像
By JIbiki, Link

ナットとは

ナットとは、ねじの種類の1つで、筒状の内側の部分に螺旋状の溝が入った”雌ねじ”のことを言います。

ボルト、ネジ、ビス等のおねじ部品と組み合わせて使われます。

形状は、六角ナットがJIS B 1181、袋ナットがJIS B 1183などと規格化されています。

また、呼び方は、M6なら6mm、M8なら8mmなどと、めねじの径で呼ばれます。

ナットの種類

ナットには、六角ナット、高ナット、袋ナット、フランジナット、アイナット、蝶ナット、溝付ナット、Uナット、溶接ナット、ナイロンナット、ノブナット、インサートナット(鬼目ナット)、エンザート(タッピングインサート)、手締めナット、スプリングナット、フラットワッシャー付六角ナット、四角ナット、皿ばね付きナット、バネナット、イダリング、爪付きTナット、板ナット、カレイナット、くさびナットなど、たくさんの種類があります。

ナットについてもっと詳しく知りたい方は、「【ナットの基礎知識】ナットの種類・形状・特徴。全24種を解説」をチェックしてみて下さい。

【ナットの基礎知識】ナットの種類・形状・特徴。全24種を解説

まとめ:ボルトとナットの違い

上記を読んで頂いた方はすでに理解して頂けたかと思いますが、

ボルト:側面に螺旋状の溝が入った”雄ねじ”

ナット:筒状の内側の部分に螺旋状の溝が入った”雌ねじ”

が大きな違いとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【保存版】ねじの基礎知識

手元に残せるダウンロード版の技術資料「ねじの基礎知識」

【掲載内容】
・ねじ、ボルト、ビスの違い
・ねじとは、ボルトとは、ビスとは・・・
・ボルト、ビス(小ねじ)主要24種とそれぞれの特徴・用途


    PDFダウンロード    

SNSでもご購読できます。