棚・ラックの基礎知識

業務用スチールラックがおすすめ出来る6つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

業務用スチールラックと聞いてどのようなモノを思い浮かべるでしょうか。

ボルトレスタイプの業務用スチールラックは、シンプルでありながら、倉庫や生産現場のプロが愛用するほど使いやすく、どんな方にもおすすめできる棚です。

このページでは、ボルトレスタイプの業務用スチールラックが、おすすめできる理由を解説します。

ボルトレススチールラックがおすすめな理由

1.シンプルな構造

ボルトレスタイプの業務用スチールラックは、ボルトを一切使わずに差し込んで組み立てられるため、シンプルな構造です。

組み立て作業は、ハンマーのみで簡単にできるため、設置までの時間も短縮できます。

2.シンプルな色合い

ボルトレスタイプの業務用スチールラックは、たくさんのメーカーが販売をしていますが、グレーや白、緑など、シンプルな色合いの製品がほとんどです。

シンプルな色合いのため、目立ちにくくどのような場所に置いても馴染んでくれるでしょう。

3.サイズや耐荷重のラインナップが豊富

ボルトレスタイプの業務用スチールラックは、高さ・間口・奥行のラインナップが多くあり、また、耐荷重も軽いもので100kgのタイプ、重いもので1000kgを超えるタイプなど、たくさんのラインナップがあります。

それらの多くのラインナップの中からスペースや収納物の重たさに合わせてピッタリ合う種類を選ぶことができます。

4.棚板の間隔を細かく調節

ボルトレスタイプの業務用スチールラックは、棚板の位置を細かく調整することができます。

細かいものでは、30mmピッチで高さを変えることができる物もあり、棚板を多く配置することも容易です。

また、一度棚板の高さを決めても、ボルトを使っていないため、あとから簡単に棚板の高さを変えることもできます。

5.オプションパーツが豊富

ボルトレスタイプの業務用スチールラックには、たくさんのオプションパーツが販売されています。

安全対策に用いられる転倒防止金具や突っ張り棒、収納物の落下を防止する安全バーなど、たくさんのオプションパーツがあります。

※オプションパーツについては「ボルトレススチールラックのオプションパーツの種類と効果」を参考にしてください。

6.支柱を2台で共有して連結ができる

ボルトレスタイプの業務用スチールラックは、ほとんどのメーカーで支柱を共有して転結できる構造となっています。

例えば、通常であれば2台の場合、支柱は合計8本必要となりますが、2本の支柱を共有して、2台で6本の支柱とすることができます。

まとめ

いかがでしかでしょうか。ここまでボルトレスタイプの業務用スチールラックがおすすめできる理由を解説してきましたが、魅力をわかっていただけたでしょうか。

アイラックは、株式会社逢産業のラックブランドです。アイラックにもたくさんのおすすめ業務用スチールラックがあります。是非、一度ご確認ください。

アイラックのおすすめ業務用スチールラック

アイラック マークⅡ

アイラックマークⅡは、ボルトレスタイプで、下段開放ができる特殊タイプのスチールラックです。

下段のビームの高さを変えることができ、高さ違いのラックの連結も可能です。耐荷重は、200kgタイプと300kgタイプの2種類があります。

>>アイラック マークⅡ


中量ボルトレススチールラック 300kgタイプ

中量ボルトレススチールラック 300kgタイプは、ボルトレスタイプの業務用スチールラック(中量・300kgタイプ)です。

低価格で経済的な業務用スチールラックで、オプションパーツも豊富に取り揃えています。

>>中量ボルトレススチールラック 300kgタイプ


軽中量ボルトレススチールラック 200kgタイプ

軽中量ボルトレススチールラック 200kgタイプは、ボルトレスタイプの業務用スチールラック(軽中量・200kgタイプ)です。

低価格で経済的なスチールラックで、耐荷重、高さ、間口、奥行、棚板枚数など、豊富なラインナップでお客様のご要望にお応えいたします。

>>軽中量ボルトレススチールラック 200kgタイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アイラック 総合カタログ

アイラックの各種製品掲載の総合カタログです。

【掲載製品】
・ボルトレス式スチールラック
・アイラック マークⅡ
・ボルトレス式ステンレスラック
・キャスター付ステンレスワゴン
・ステンレス台車
・ステンレスアングル作業台
・看板・表示板

ダウンロード