棚・ラックの基礎知識

ラックの基礎知識|業務用ラックと棚。基本用語とその意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

業務用ラック、収納棚、書庫など、どれもモノを収納するための棚であることに変わりはありません。

それぞれの用語の意味などはご存知でしょうか。

なかなか考える機会もないかと思いますが、もし興味があれば参考にしていただけるとありがたいです。

このページでは、基礎知識としてのラックについての用語とその意味を解説します。

基本用語:ラック・シェルフ・棚

何の分類もない基本的な用語は、ラック、棚、シェルフがあります。

※3種の違いについては「何が違う!?ラック、棚、シェルフ 3種の違いを解説」を参考にしてください。

ラック

ラック(rack)は、棚・台を英語に直訳した言葉で、意味としてはモノを置く棚・台のことを全般に「ラック」といいます。

また、日本語では、棚と台の両方を意味するため、正確にはラック=棚ではなく、ラック≒棚となります。

棚。台。また、整頓 (せいとん) のために物をそこに入れたり立て掛けたりするもの。「マガジンラック」「CDラック」

goo国語辞書

シェルフ

シェルフ(shelf)は、日本語にすると棚を意味します。

ラックとは違い、台は含まないため、日本語の一般的に皆さんがイメージする棚は、英語・カタカナでのシャルフが近いのではないでしょうか。

棚。「ブックシェルフ」

goo国語辞書

棚(たな)は、物を乗せておくための板を横に渡したモノ全般のことを意味します。

棚を英語にするとRack(ラック)もしくは、Shelf(シェルフ)となります。

物をのせておくために板を横に渡したもの

goo国語辞書

使う場所で違うラック・シェルフ・棚

ラックや棚は、一般的に使う場所によって〇〇ラック、〇〇棚と言われます。

業務用ラック

業務用ラックは、工場や倉庫、オフィスなど、業務上で使用するラック、シェルフ、棚のこと全般を指します。

対義語としては、家庭用ラックが一番しっくりくるのではないでしょうか。

また、用語として業務用棚、業務用シェルフとは言わないことの方が多いかと思います。

家庭用ラック

家庭用ラックは。業務用ラックとは反対に、家庭・自宅で使用するラック、シェルフ、棚のこと全般を指します。

業務用ラックと家庭用ラックでそん色ないこともあります。それらの場合は、販売業者が誰に使ってほしいかで分けているのも一因かと思います。

用途で異なるラック・シェルフ・棚

業務用や家庭用とは別に、用途によっても〇〇ラックや〇〇棚という場合があります。

食器棚

食器棚は、食器を収納するための家庭用ラックの一種です。

キッチンラック

キッチンラックは、電子レンジや炊飯器などの調理機器を収納するための家庭用ラックです。

そこに収納した電子レンジや炊飯器などは、取り出して使うのではなく、キッチンラックに乗せたまま使用するのが一般的です。

サーバーラック

サーバーラックは、サーバーを収納するための専用ラック・専用棚です。

熱を嫌うサーバーですので、パネルで囲うのではなく、放熱性に優れたメッシュ素材であることが多くあります。

セキュリティー性に優れた鍵付きのサーバーラックもあるようです。

ディスプレイ棚

ディスプレイ棚は、何かを見せる・魅せるためのラック・シェルフ・棚です。

意匠性に優れており、外から中が見えるようにガラス張りであったり、透明な樹脂製であったりします。

家庭用にも使用しますが、ショールームなど、業務用のディスプレイ棚も多く使われています。

ハンガーラック

ハンガーラックは、ハンガーをそのままかけれる衣服専用の収納棚です。

棚というよりは、「ラック」のみに適用する言葉かもしれません。

シューズラック

シューズラックは、靴を収納する家庭用ラックです。

靴箱、靴入れとも呼ばれることがあります。

テレビラック

テレビラックは、テレビを置くための家庭用ラックです。

テレビ台と呼ばれることの方が多いかもしれません。

衣装棚

衣装棚は、衣類を収納するための家庭用ラックです。

衣装棚の他に、衣装ケース、収納ボックスなどと呼ばれます。

本棚

本棚は、本を収納するためのラックです。

家庭用の本棚であれば、ショーラックを兼ねていることもあります。業務用の本棚の場合、書類やファイル収納に用いられます。

書庫と呼ばれることもあります。

パレットラック

パレットラックは、パレットのまま収納ができる業務用ラックです。

作業棚

作業棚は、棚の上で作業をするための業務用ラックです。

作業台、ワークテーブルとも呼ばれます。

材質で異なるラック・シェルフ・棚

材質によっても〇〇ラック、〇〇棚と呼び方が異なる場合もあります。

スチールラック

スチールラックは、スチール製のラック全般のことを意味します。

軽量のモノであれば家庭用、業務用どちらもありますが、耐荷重が重たいものは、業務用ラックがほとんどとなるかと思います。

スチール棚、スチールシェルフとも呼ばれます。

ステンレスラック

ステンレスラックは、ステンレス製のラック全般のことを意味します。

SUS304製など、耐腐食性に強い素材のラックであるため、業務用ラックとして使用されることがほとんどです。

家庭用のステンレスラックの場合、サビる可能性があるSUS430であることもありますので、注意が必要です。

[TOC]

形状や方式で異なるラック・シェルフ・棚

ラック・シェルフ・棚には、形状や組み立て方式が異なるものもたくさん存在します。

ボルトレスラック

キャスター付スチールラック/キャスター付スチール棚

ボルトレスラックは、ボルトを一切使わない業務用ラックです。

支柱に小さな差し込み穴が開いており、ビームなどに爪があり、それぞれを差し込むことで固定します。

メッシュラック

メッシュラックは、側壁などが網目・メッシュ状になったラック・シェルフ・棚のことを指します。

メタルシェルフ

メタルシェルフは、ポール状の支柱に棚板を直接差し込んで使用する家庭用ラックです。

メタルラックとも呼ばれます。

まとめ

ラック・シェルフ・棚には、たくさんの種類があること、それぞれの用語や意味についてわかっていただけたでしょうか。

ここで挙げた種類意外にもたくさんのラックがあるかと思います。

あまり言葉は覚える必要はありませんが、何かの役に立てていただけると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

保存用資料 ラック・棚の基礎知識 β版

「ラック・棚の基礎知識」の保存用PDF資料(全23ページ)

【掲載内容】
・ラック・棚の選定方法【プロが教える4つのポイント】
・何が違う!?ラック・棚・シェルフ 3種の違い
・ラックの種類。業務用・オフィス向け等、全12種
・ボルトレススチール棚の部品の種類と意味

ダウンロード